2010年04月14日

鳥取市長に自公推薦の竹内氏が3選 民・社推薦、共産支持の新人破る(産経新聞)

 任期満了に伴う鳥取市長選は11日投開票され、無所属で現職の竹内功氏(58)=自民、公明推薦=が、無所属で新人の元朝日新聞記者、砂場隆浩氏(46)=民主、社民推薦、共産支持=を破って3選を果たした。投票率は48・34%。

 夏の参院選の前哨戦として注目されたが、目立った争点はなく有権者の関心は低迷。竹内氏は2期8年の実績をアピールし、自民の石破茂政調会長の地元でもある厚い保守支持層に支えられて得票を伸ばした。砂場氏は変革の必要性を訴え、労組などを中心に浸透を図ったが及ばなかった。

【関連記事】
鳥取−姫路に8年6カ月ぶり高速バス
出荷日本一「西条柿」のスイーツ考案 鳥取
“珍味”ハスの実で創作料理
【ふりさと便り】砂の芸術にため息 鳥取砂丘「砂の美術館」開幕
【ふるさと便り】鳥取環境大と鳥取市が、研究や人材育成で協力協定
「中国内陸部の資源事情とは…?」

兜町のカード決済代行会社強盗、容疑の男3人逮捕(産経新聞)
【古道を歩く】京街道(22)(産経新聞)
「立ち枯れ」「ガンダム」「敬老会」 新党「たちあがれ日本」の連想(J-CASTニュース)
<太陽光発電>リニア跡地利用し実験場 宮崎に施設が完成(毎日新聞)
「県民に深くおわび」=不正経理問題で、神奈川県の松沢知事(時事通信)
posted by タカヤマ キンジロウ at 00:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。