2010年05月12日

参院選を控え提言書を作成−神奈川県介護支援専門員協会(医療介護CBニュース)

 NPO法人の神奈川県介護支援専門員協会はこのほど、今夏の参院選を控え、10項目から成る提言書をまとめた。

 提言書には、▽ケアマネジャーが職業人として自立できる報酬設定の実現▽標準担当件数の上限の条件付き撤廃▽ケアマネジメントにおけるセカンドオピニオンの制度化▽ケアマネジャーの監査指導の権限を市町村に変更▽施設入所の判定にケアマネジャーの意見を重視する▽低所得者対策の拡充-などの内容が盛り込まれている。今後、同協会では、提言書の内容について、民主党や同党の介護議連などに提案する方針だ。


【関連記事】
要介護認定見直しや職員の待遇改善求める―高齢社会をよくする女性の会
6月に「介護保険ホットライン」
常勤従事者は年収450万円以上に―介護クラフトユニオンが提言書
労組3団体からヒアリング―民主・介護議連
介護報酬改定でサービスの利用抑制を危惧−認知症の人と家族の会

「熊田千佳慕の言葉 私は虫である」刊行(産経新聞)
<水俣病>救済申請受け付け 新潟(毎日新聞)
あおぞら銀元行員、インサイダー取引の不正利益1000万円超に(産経新聞)
<仙台教諭殺害>入院時、高校に不審な電話数回(毎日新聞)
<豊川一家殺傷>父の給料管理は容疑者の自立目的(毎日新聞)
posted by タカヤマ キンジロウ at 22:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。