2010年05月24日

<雑記帳>黒部ダムの流木使った文房具販売 関電の関連会社(毎日新聞)

 関西電力の関連会社「かんでんエルファーム」が、黒部ダム(富山県)に漂着する流木を原料にした文房具「クロベのキセキ」シリーズを製作、ホームページで販売を始めた。

 高さがダムの1000分の1(18.6センチ)のブックエンド(一組み6300円)や、建設時のコンクリート運搬具に似せたペン立て(5250円)など、いずれも黒部ダムとのつながりがある。

 「難工事を乗り越え、ダムを完成させた男たちの軌跡に思いを寄せてほしい」と同社。机に置けば、仕事や勉強で行き詰まっても突破する勇気がわいてくるかも。【岩嶋悟】

【関連ニュース】
福井・美浜原発:2号機で1次冷却水漏れ−−先月25日
大和郡山市:市庁舎電力供給、エネットに変更−−来月から /奈良
転落:堰堤から転落し、福岡の男性死亡−−立山・黒部ダム /富山
湖北土地改良区の横領疑惑:前理事長「事実無根だ」 きょう理事会、対応協議 /滋賀
高浜原発:2号機、2次冷却水漏れ 放射能は含まれず /福井

私立高の野球部員、寮で死亡…練習中に頭強打(読売新聞)
車に振り落とされ男性死亡=侵入男逃走止めようと―2人出頭、逮捕状請求・京都府警(時事通信)
<普天間移設>社民、閣議了解せず 「5月末決着」に異議(毎日新聞)
政府方針、28日に決定=「首相発言」で調整―普天間(時事通信)
高速道の新割引 6月断念を表明 国交相(産経新聞)
posted by タカヤマ キンジロウ at 20:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月20日

<普天間移設>政府原案「辺野古周辺」明記(毎日新聞)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で12日、政府が米側や沖縄など地元との交渉に臨むに当たっての原案が判明した。移設先は、米軍キャンプ・シュワブ沿岸部のある「名護市辺野古周辺」と明記するが、工法はくい打ち桟橋(QIP)方式を含め、6月以降日米間で調整する。また沖縄の総合的な基地負担軽減策として、在日米軍基地の環境問題に関する特別協定の締結に向け、米側と交渉に入る方針を打ち出す。

 原案によると、移設先は「名護市辺野古周辺」との表現にとどめるが、実際は1600メートル(オーバーランを含めると1800メートル)の滑走路1本をシュワブ沿岸部か沖合の浅瀬に建設する案を軸に検討している。くい打ち方式など工法の詳細は、日米実務者協議でさらに詰める方針だ。

 このほか、普天間の基地機能や訓練の一部を鹿児島県・徳之島を含む全国の自衛隊基地に移転。さらにグアムなど国外への一部訓練移転も検討する。また、米軍嘉手納基地(沖縄県嘉手納町など)で行われている航空機訓練について、県外の自衛隊基地への移転を現在より拡大することで騒音被害の軽減を図る。

 環境問題に関する特別協定は、沖縄側から日米地位協定への環境関係条項の新設の要望があったことを踏まえたものだ。岡田克也外相は12日の参院沖縄・北方問題特別委員会で「環境の問題は接点が見いだしやすい」と述べる一方、地位協定自体の見直しについては「普天間問題の解決を見いだした時に信頼感に基づいて取り組む」との考えを示した。地位協定自体の見直しには米側が難色を示すと判断し、特別協定の締結交渉を先行させることにした。ジェット燃料漏れなど水質、土壌汚染を解決するため、基地内でも日本の環境法令順守などを求めるとみられる。

 政府は、ワシントンで12日(日本時間13日)開かれる外務・防衛当局の日米審議官級協議で原案を示す。沖縄に対しては11日に平野博文官房長官と北沢俊美防衛相が個別に仲井真弘多知事と会談した際、概要を説明している。【仙石恭、野口武則】

【関連ニュース】
普天間移設:米との交渉優先を 亀井担当相
普天間移設:官房長官が徳之島町議5人と会談
普天間移設:鳩山首相「月末までにできる限り」
普天間移設:平野官房長官、徳之島町議と意見交換へ
普天間移設:防衛相、沖縄知事と会談 政府案の理解求める

千葉「正論」懇話会 遠藤浩一氏講演「民主党バブルは崩壊」(産経新聞)
登記翌年の提案に、小沢氏「そうしてくれ」(読売新聞)
<イオン>中国の地震被災者に復興支援金(毎日新聞)
工業所有権等収益の減少などで減収・減益―日本新薬(医療介護CBニュース)
<三社祭>「宮出し」で最高潮に(毎日新聞)
posted by タカヤマ キンジロウ at 02:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

参院選を控え提言書を作成−神奈川県介護支援専門員協会(医療介護CBニュース)

 NPO法人の神奈川県介護支援専門員協会はこのほど、今夏の参院選を控え、10項目から成る提言書をまとめた。

 提言書には、▽ケアマネジャーが職業人として自立できる報酬設定の実現▽標準担当件数の上限の条件付き撤廃▽ケアマネジメントにおけるセカンドオピニオンの制度化▽ケアマネジャーの監査指導の権限を市町村に変更▽施設入所の判定にケアマネジャーの意見を重視する▽低所得者対策の拡充-などの内容が盛り込まれている。今後、同協会では、提言書の内容について、民主党や同党の介護議連などに提案する方針だ。


【関連記事】
要介護認定見直しや職員の待遇改善求める―高齢社会をよくする女性の会
6月に「介護保険ホットライン」
常勤従事者は年収450万円以上に―介護クラフトユニオンが提言書
労組3団体からヒアリング―民主・介護議連
介護報酬改定でサービスの利用抑制を危惧−認知症の人と家族の会

「熊田千佳慕の言葉 私は虫である」刊行(産経新聞)
<水俣病>救済申請受け付け 新潟(毎日新聞)
あおぞら銀元行員、インサイダー取引の不正利益1000万円超に(産経新聞)
<仙台教諭殺害>入院時、高校に不審な電話数回(毎日新聞)
<豊川一家殺傷>父の給料管理は容疑者の自立目的(毎日新聞)
posted by タカヤマ キンジロウ at 22:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。